健康についての悩み・お気軽に相談ください。冨永クリニック 診療科目/放射線科・内科・胃腸科・呼吸器科

クリニックの特徴

診療方針

当院の診療の三本柱は

  1. 地域に密着したホーム・ドクター
    胃腸疾患(胃潰瘍や逆流性食道炎など)呼吸器疾患(気管支喘息など)を中心に診療しています。
    もちろん高血圧、高脂血症や糖尿病といった生活習慣病をはじめ一般的な内科疾患の診療も行っています。 また、サプリメントなどの栄養指導も行っています。
    在宅医療は基本的には行っていませんが、長いお付き合いの患者様には往診させていただきます。
  2. 画像診断
    当院では、X線ヘリカルCT設置しています。頭部、胸部および腹部の各々につきわずか数分で詳細な撮影が可能です。そして検査後すぐに画像を見ながら結果を詳しく説明させていただきます。
    当院を直接受診していただいた患者様はもちろん、「診診連携」として近隣のクリニック様からの紹介患者様の検査を積極的に行っています。
    その他に胃透視、下咽頭・食道造影、注腸造影などを行っています。

    インターネットを駆使して全国の病院からCT、MRIなどの画像が送られてきてそれに読影レポートを作成して送り返すという、いわゆる「遠隔画像診断」も行っています。
  3. 各種健康診断、がん検診、人間ドック
    日本医師会認定の産業医として企業の定期健康診断を行います。
    健診を主業務としている健診施設のように、一度に多人数をこなすことはできませんが、流れ作業的な健診ではなく、受診される方にとって「かかりつけ医」のようでありたいと願い、問診や身体診察に時間をかけて行っています。
    ヘリカルCTを用いた「肺がん検診」、「腹部(肝・胆・膵)がん検診」などを行っています。
    これらに胃透視や心電図を組み合わせた「半日人間ドック」も行っています。
    昨今は「自分の健康は自分で守る時代」と言われています。皆さんの健康を守るためのお役に立ちたいと考えています。

↑ページの上へ

当院の安全に対する取り組み

リフトの写真
▲リフトの写真

近年、病院での医療事故が多発し、社会問題になっています。
私どものような小さなクリニックでも「うちには関係ないこと」と妄信しないで、定期的にスタッフとミーティングを諮り、注意を怠らないように努力しています。

その一例として、階段にリフトを設置し、足の不自由な方にも安心して受診していただく工夫をしています。


CT画像診断

CT(コンピューター断層装置)
▲CT(コンピューター断層装置)

「CT画像診断の特徴」
CT(コンピューター断層装置)は、X線を用いて身体の断面像を作成する検査装置です。 近年では1枚づつ断面を撮影するのではなく、ヘリカルつまり、らせん状にデータ収集を行い、必要な厚みの断面を作成するように進歩しました。このために画期的に速く、多数の画像が得られるようになりました。
ある程度の規模の病院ならどこにでもあるので皆さんもご存知でしょう。

当院のCT検査の特徴は、まず見たい範囲全体を撮影し、専門医の目で異常の有無をリアルタイムで診断し、怪しい部分についてさらに細かいスライス厚で精査することにしています。そうすることで異常所見を絶対見落とさないための必要十分な検査を行い、かつ被爆線量の低減化を図ることに努めています。

「CTでわかる病気にはこのようなものがあります」

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血 など
頭頚部 副鼻腔炎、中耳炎、甲状腺腫 など
肺がん、肺炎、肺気腫 など
肝臓 肝臓がん、脂肪肝、肝硬変 など
胆嚢 胆石、胆嚢がん など
膵臓 膵臓がん、急性膵炎 など
腎臓 腎臓がん、水腎症、腎結石 など
その他 膀胱がん、急性虫垂炎(盲腸) など

↑ページの上へ

Copyright 冨永クリニック. All Rights Reserved.